MENU

自毛植毛は若ハゲ、若い世代にも有効なのか?

いわゆる若ハゲとは年齢による衰えが生じないであろう若年層の方が薄毛になる症状を指しています。

 

まだ若いうちから薄毛が進行すると学校や職場など周囲から浮いてしまい大きく目立ちます。時にはからかいの対象になることもあれば、それほど目立たないにも関わらず大きなコンプレックスを抱えてしまう事もあります。

 

ただ、医療が発達した現代においては薄毛に対する様々な治療法が確立しており、方法によっては薄毛の悩みを解消することも可能です。当サイトで紹介している「自毛植毛」もその一つの有効な治療としておすすめできますが若ハゲと呼ばれる若い世代の方にも有効なのか?別の対策が可能なのかについて見ていきましょう。他の薄毛治療と違い、植毛は外科手術となるため、慎重を期する必要性は高いです。

 

若ハゲに悩む若い世代に植毛は有効なの?

まず自毛植毛を行う世代については一般的に30代や40代の方が多いのですが、それ以下の世代に治療として向かない訳ではありません。20代やそれ以下の世代の方もクリニックでは見かける事があります。

 

この自毛植毛の治療は抜け毛が生じにくい側頭部や後頭部から髪を移植する方法のため、基本的には年代に関係なく手術を行うことができ、若ハゲに悩まれている世代の方にも有効な手段です。

 

むしろこの若い世代の方の場合は、移植した髪の定着率(生着率)が高いうえに一度移植した髪はその後も生え続けますので、早いうちに済ませたほうがその後にコンプレックスを感じることも無く、より人生を前向きに歩むことができます。

 

若い頃は怪我をしても傷口の回復が早く、擦り傷だけでなく骨折などの重傷でも同様に回復が早いのですが、これは植毛の手術でも同様のことで移植した際に生じる傷がすぐに癒えますので定着率もより高くなる傾向は強いです。

 

つまり自毛植毛は若い世代だからこそよりおすすめできる治療法にもなるのですが、その一方で実際にクリニックを眺めてみると30代や40代の方が多く、若い世代の患者さんはそう多く見かけません。

 

自毛植毛のネックポイント

有効な治療法であるにも関わらず若い世代で利用が進まない理由の一つが治療費が高額である点でしょう。

 

特に学生の方であれば親に費用をお願いするのはためらわれますし、自分でまかなうにしても働き始めで貯金するのが難しい世代です。しかし、多くのクリニックでは支払い方法に様々な選択肢があります。特に医療ローンやメディカルクレジットと呼ばれる分割払いで治療費を支払うことができる仕組みは非常に便利で、月々の負担を抑えつつしっかりと治療を受けることができます。

 

また、若い世代の場合は、まだ薄毛の症状が軽度な場合もあり、進行性の症状であるAGAの今後の進行パターンが判断しづらい場合もあります。薄毛対策は早い段階であれば植毛だけでなく他の治療法についても効果が見込めるケースもあります。特にAGA治療は人にもよりますが早期であれば高い効果も見込めます。

 

植毛自体は若い方にも有効なので自分の症状の度合いやかけられる費用と相談して適切な治療法を選択すると良いでしょう。若い方というよりはAGAの進行が軽度のうちほど取れる選択肢は多くなります。