MENU

自毛植毛に向き不向きはあるの?

自毛植毛に「向いている人」「向いていない人」はいるのか?
これはある意味で自毛植毛のタイミングを考える上で大切なことになります。

 

髪質(毛質)の向き不向き

自毛植毛の場合、ドナーと言って主に後頭部から髪の毛を採取して、薄くなっている所に移植していきます。そのため、移植する髪の毛の毛質がどうかは重要なポイントになります。

 

自毛植毛向きの人は、髪質が元々太い方が該当します。このような人はより少ない本数でも薄毛になっている箇所へ移植すると、髪の毛のボリュームアップ効果が期待できます。

 

一方猫っ毛などとも言われますが、柔らかく細い髪質の方の場合、同じドナー量でも髪の毛のボリュームアップが期待できません。

 

クリニックなどでは手術前のカウンセリングにて、スコープなどを使って薄くなっている所とドナーになりそうな部分の頭皮や髪の毛を詳しくチェックしてくれる場合もあります。そしてどの程度の株数を移植する必要があるか、薄い部分をカバーできるだけのドナーが確保できそうかなどを確認します。

 

ハゲ方の向き不向き

また、どのような薄毛(ハゲ方)なのかによっても、自毛植毛向きと不向きがあります。

 

頭頂部の薄毛に関しては、比較的移植はしやすいでしょう。問題なのは、いわゆるM字ハゲといわれる前頭部の額の生え際の後退に関してです。

 

このような薄毛の場合、後退している所に後頭部などの髪の毛を持ってきて薄くなっている所をフォローする形になります。ただ問題なのは、M字が自毛植毛した後にさらに後退してしまう可能性です。

 

もし植毛した後も症状が進行してしまうと、額の生え際の所の髪の毛が残って、その後ろの部分が薄毛になるという不自然極まりない状態になりかねません。前頭部の薄毛に悩んでいる人は、自毛植毛をする際には医師と相談して、本当に移植しても問題ないか、移植後の抜け毛対策として何をすればいいのかを確認しておいた方が良いでしょう。(正直なところ頭頂部にも言えることですが…)

 

額の生え際は、もう一つ不向きな事情があります。

 

自分の生え際を一度鏡で確認しましょう。太い毛の他にも細くて短い産毛のようなものが混ざっていませんか?この産毛は特に女性の方に多く、ある意味で女性らしさの特徴の一つでもありますが、この感じを出さないとどうしても不自然な仕上がりになってしまう場合もあります。

 

そこで自毛植毛で移植する際には、丈夫で太い髪質の毛髪の他にも産毛を持ってくる必要があります。移植手術そのものは可能ですが、より高度なスキルが執刀医には求められるわけです。

 

総括

「向き」「不向き」で無理矢理分けてしまえばこのような違いがあります。しかし、基本的にはどんな髪質であっても、どんなハゲ方であっても施術は可能です。自分だけで判断する場合の一つの基準としつつ、やはりまずはクリニックで実施している無料カウンセリングに参加することです。そして医者のアドバイスなどを聞いた上で、最終的に植毛にするのか、そのほかの方法で薄毛対策をするのかを検討しましょう。

 

どうしても相談しにくい薄毛の悩みは一人で抱え込んでしまいがちです。薄毛に悩み、自毛植毛を検討しているのはあなただけではありません。その一つの参考として「自毛植毛のタイミングと年齢」についてもまとめているので参考にして下さい。

 

TOP:自毛植毛のタイミングと年齢※何歳の人が受けているの?