MENU

植毛を受ける人は何歳くらいの方が多いの?近年の傾向は?

髪の悩みは老若男女問わず生じるもので、特に近年の傾向では若い世代の方でも薄毛に悩む事が多くなってきていると言います。

 

自毛植毛の手術を受けた場合には薄毛の悩みを根本的に治すことができるのでお勧めの治療法ですが、実際に手術を受ける人は何歳くらいの人が多いのか。ここは植毛手術を決意した方でも悩むポイントだと思います。

 

「この何歳くらいが多いか?」については統計などのデータがありませんので正確な所は分かりませんが、各クリニックで公表されている内容ではおよそ30歳から40歳代の方が多いとされています。一度でもクリニックに訪れた経験がある方であれば、周囲を眺める中でこのあたりの年代の方が多いことに気がつくのですが、やはり薄毛の悩みがより深刻になる30歳から40歳代の方が多くを占めているようです。

 

なんで30歳からが多いの?

この年代の特徴として悩みが深刻化することに加えて、ある程度のお金の面でも余裕があることから植毛を受けることが多く、一度髪を移植すれば生え続けることになりますので長期間に渡り髪を維持することができます。

 

また近年の傾向として薄毛の悩みの若年化が生じたことで、まだ20代前半の方でもクリニックに訪れる方は増えていると言います。
20代であれば髪に年齢による衰えが生じる訳でもないのですが、ストレス社会と呼ばれる昨今では抜け毛が生じることが多く、早い世代でも治療に訪れるケースが増えているのです。また、何よりも薄毛の最大の原因とも言われている遺伝には太刀打ちできず、年齢はあまり関係ありません。

 

ただし、この若い世代の抜け毛は若年性脱毛症と呼ばれており、その原因はストレスだけでなく様々な要因が絡み合っています。
まずもっとも多く見られるのは無理なダイエットによるもので、髪に必要な栄養素を充分に取り込めず、また栄養不足や栄養の偏りによりホルモンバランスも乱れることになりますので、いずれも髪には深刻なダメージを引き起こします。またパーマやヘアカラーなどのファッションも髪に大きなストレスを与え、脱脂性や刺激性が強いシャンプーも抜け毛の原因になることもありますので、いずれも気をつけておきましょう。

 

さらに植毛の手術を受ける人の中では50代や60代の方の少なからずおり、このあたりの年齢ではご自身の髪についてはある程度受け入れている場合が多いのですが、一方で近年の傾向として自身の容姿を気に掛けている方も増えています。

 

いわゆるチョイ悪親父やメンズエステに通うような中高齢の方は、ファッションや体型に気をかけると共に髪の悩みについても積極的に改善しようとすることがありますので、このあたりの世代の方もクリニックではちょくちょく見かける事があるんですね。

 

まとめ

植毛を受ける人が多い年齢・年代としては30代〜40代が多く、次に20代、50代と言ったところです。しかし、人それぞれに症状の度合いも違いますし、症状の度合いに対する悩みの深さも人それぞれです。早ければ10代でも受ける人もいますし、60代、さらにその上の年代の方でも受ける人はいます。

 

悩みを解決するための一つの方法なので本来は別に周りを気にする必要もありません。悩んでいる時間を無駄にすることの方が後から考えればもったいないことなので受けたいと思ったときに受けるのが一番です。同じ年代の人であなたしか植毛を受けていないなんてことは1億2000万人いる日本人の中で一人なんてことはありません。